説教要旨

  • バックナンバーはこちらへ
  • 2022年度

5/8 「平安があるように」 ヨハネの福音書20章19〜31節 森田学師 

  •  復活のイエスを仲間と一緒に見られなかった、納得いかない。トマスには他の弟子たちとは違う理由で平安がありません。
     自分の思い通りにならないと、思いやりをはねのけ、焦りや疑いに心が囚われてしまいます。人は自分のこだわりを持っていると、焦点が神から外れ、真実が目の前にあっても、見えなくなってしまうのです。
     イエスがどれほど忍耐され十字架で死なれたのか、また復活という輝かしい栄光を現わされたのか、まるで他人事。そんな自分本位の道を選ぶ弱さが私たちにはあります。
     そんなトマスに、イエスは『「平安があなたがたにあるように」』(26節)と声をかけます。すねて疑い焦りイライラを隠せないトマスを、いつまでもほおってはおかれず、あわれみと愛で包んでくださいます。『「あなたの指をここに当て、わたしの手を見なさい。手を伸ばして、わたしの脇腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」』
     今思っていることを正直に言ってごらん。神はいつも私たちと生きた交わりを持ちたいと迫ります。その時、トマスは神を知るのです。イエスの復活を信じるもんか、とすねて豪語しイライラのときでさえ、ずっとイエスはそばにいて私のことを心に留めておられたのだと。『神よ…私を調べ 私の思い煩いを知ってください。私のうちに 傷のついた道があるかないかを見て 私をとこしえの道に導いてください。』(詩篇139:23,24)
     イエスの与える平安は、自分本位なこだわりなどどうでもよくなり、あんなに触りたがっていたトマスは、触れることなく、ただ見て信じるのです。
     神からの“平安があるように(=シャローム)”とは、お決まりの挨拶などではなく、真の神を信じられない心を安らかに変え、自己中心に生きてきた何の保証もない不安定な人生を、神中心という平安の人生に変える、あわれみと愛に満ちた恵みのことばです。
     イエスが私の主、私の人生の主人であることを忘れているとき、私たちの心は神からの平安を失います。
     私たちの心の王座に、イエスが座られ、このイエスのいのちの中で私たちが生きる、まことの平安を感謝して受け取りましょう。

5/1 「主についていく値打ち」 ルカの福音書14章25〜35節 小林泰輔師

  •  「主についていく値打ち」について、自分の人生を賭けて、いのちを捨ててでもイエスさまについていく値打ちがあるのか「まず座って」よく考えよと、イエスさまは群衆に向かって言われました。まるでふるいにかけるように、非常にむずかしいお言葉を語られました。父母、妻(夫)、子ども、兄弟姉妹を憎んで、自分の命すら憎んででもわたしを愛するかと問われたのです。そうでなければイエスさまの弟子にはなれないと言うわけです。「愛する/憎む」についての語感が私たちとは違うところがあります。愛するということには二番目に好きということはなく、愛している者以外は、憎むと言うのです。そこに憎悪の感情はないのですが、二の次にするというような意味のようなのです。ですから、イエスさまのもとに来て、イエスを主とあがめ一番にするのでなければ、神の国とその義とをまず第一にするのでなければ、イエスさまの弟子にも神の国の民にもなれないのです。
     そうして「自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、わたしの弟子になることはできません」と言われました。現場にいた人はローマの処刑法である十字架を思い浮かべたでしょう。イエスを筆頭にローマに叛逆し討死する覚悟はあるかと誤解したかもしれません。塔を建て始めたら完成するまでやり遂げるのか、あるいは不利な戦いを挑まれたら講和の条件を交渉するのではないかと、譬えを用いて語られました。当時の人たちはローマ帝国相手に“御馬前討死”の覚悟の見積をしたかもしれません。しかし私たちは聖書を通して十字架と復活の意味を知り、聖霊の導きによりこれがどういう意味かを理解しています。自己中心的な生き方をしていた自分に死ぬということです。その信仰に生きる姿勢を貫き通すことができるか、そしてそうするだけの値打ちがイエスにあるかどうか損得勘定をせよということです。
     イエスさまにすべてを明け渡すとどうなるか、損得勘定をしてみましょう。より父母を愛するようになるのです。より妻を子を友を愛するようになるのです。そのために必要なものはすべて主が豊かに与えてくださるのです。
     そして私たちは「地の塩」になります。塩は溶けてなくなることで塩気をつけます。味気ない世に味をつけ、腐敗を防ぐのです。自我に死ぬことで私たちは塩として用いられるのです。

4/24 「来れ、既に備わりたり」 ルカの福音書14章15〜24節 小林泰輔師 

  •  今日も復活節をお祝いしましょう。本日の聖書箇所は宴会の譬え話です。イエスさまの譬えには宴会の話がよく出てきます。クリスチャンをクリスチャンたらしめているものの一つに「喜び」があると思います。「いつも喜んでいなさい」というみことばもありますが、その命令に従っているからというよりは、喜びが溢れ出てしまう、そんな人たちなのです。ですから毎週の礼拝は祝祭として、喜びの宴として、ともに神さまとの交わりを喜んでいるのです。
     さて、今日の譬え話では、宴会の主人があらかじめ招待しておいた人たちに「来れ、既に備わりたり」(文語訳)と改めて招待のお声がけをするところです。ここに神の喜びがあることを見ます。私たちもホームパーティーを開くことがあるでしょう。準備万端、ゲストがお越しになるのを待つ時というのは、楽しみと喜びに満ちた時間ではないでしょうか。神は、私たち一人一人の名前を呼び、招いてくださる方です。そこには、招きに応答することへの期待があり、神の喜びがあるのです。イスラエルの民を招く神の喜びといえば、創世記のアダムとエバの堕落後に救いのご計画を始められ、綿密な準備を行なって、ついに時が満ちて神の国が来た、御子イエスがこの地に来られたという、万感の思いでのお招きでした。
     ところが、招かれていたゲストたちは、ことごとく断りの返事をします。その用事というのも今日でなくてもよいものばかりです。何かと理由をつけては神の招きを拒んでいるのです。ここにイスラエルの頑なさ、「うなじのこわい民」である私たちの頑なさがあります。喜びにあふれる神の招きに対する、冷たく不誠実な応答の落差たるや、神の落胆がいかほどかおしはかることができないほどのことです。
     怒った主人は、障がい者や貧しい方などを呼び、食卓の席を埋めるようしもべに命じました。しかしまだ空席があるので、さらに街の隅に追いやられている人たち(異邦人)を招いて食卓の席を埋めるよう命じました。まさにこの日、主が招かれたパリサイ人の食卓にはいない人たちのことです。神の喜びの招きには分け隔てなどありません。教会のクリスチャンたちが隅に追いやってきたのはLGBTQの方々でしょうか。あらゆる差別を取り除き、乗り越え、神の喜びの宴にたくさんの方々をお招きしましょう。

4/17 「義人の復活のときに」 ルカの福音書14章1〜14節 小林泰輔師 

  •  復活節おめでとうございます。私たちはイエスさまがもう一度来られるときに、イエスさまと同じ栄光の姿によみがえります。すべての人がよみがえるのですが、善を行った者はよみがえって命を受け、悪を行った者はよみがえってさばきを受けます。このさばきの結果が第二の死であり永遠の滅びです。義人には第二の死はありません(ヨハネ5:28,29、黙示20:6)。そして義人とは誰か、それは主イエスを心の中心に迎え入れ、親しく食事の交わりをしてきた者たちのことです(黙示3:20,21)。
     さて、今日の箇所ではパリサイ人たちによって“目の前に病で苦しむ人がいたら安息日でも癒してしまう説”の検証がイエスさまに対して行われました。その結果次第ではイエスを批判しようとしたのでしょう。仕掛け人のように水腫を患った人が目の前に置かれました。イエスさまはその試みを知りながらでしょうけれども「安息日に癒すのは律法にかなっているでしょうか、いないでしょうか」と尋ねますが、人々は答えません。イエスさまはその人を抱いて癒やし、家に帰してあげました。
     それから「自分の息子や牛が井戸に落ちたのに、安息日だからといって、すぐに引き上げてやらない者が、あなたがたのうちにいるでしょうか」ともお尋ねになりましたが、誰も答えません。自分の息子なら助けるに決まっているからです。しかし、天の御父は私たちを罪から救うための愛と、罪人は裁かれなければならないという義とのゆえに、御子イエスさまを身代わりに見捨てられた者とするという痛みと苦しみを引き受けてくださいました。私が今救われてあるのは当たり前のことではないのです。
     そのような神の愛を知らず、人々は上座の席を争っていました。そこでイエスさまは婚宴の席次についての譬えを話されました。謙遜の美徳を教えたものではなく、天の御国の譬えです。やがて御国に着いたとき人生を振り返りつつ、末席に座るとイエスさまが来て「友よ」と声をかけてくださり、上席に、イエスさまの御座の隣に案内してくださるのです。自分の地位や名声ゆえに上席に座って当然と思っていると恥をかくこともあるようです。「自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるからです。」イエスさまのように分け隔てなく目の前に置かれた人に精一杯仕えて歩みましょう。

4/10 「すべてが終わった」 ヨハネの福音書19章23〜30節 森田学師

  •  ついに、イエスが言われていた“わたしの時”(ヨハネ2:4)が来ました。なんと、救い主をずっと待ち望んでいたユダヤ人たちは、イエスが父なる神の栄光を現したことに激しく嫉妬し、どんな汚い方法でも死刑にしたくて仕方がないと言わんばかりです。(ヨハネ18:31、19:7)
     イエスのうちに、誰もが何一つ罪を認められなくても、イエスを神の御子、救い主と認めない。これこそ、人間の心にある罪の本性です。その姿こそ、目の前の真理~あなたを創られ生かす神~を無視し、我が道を行く、私たち人間の罪の姿なのです。(ヨハネの3:36)たとえ人を殺さなくても、「あんな人はいない方がいい」と思う心を、神は殺人と同じく重い罪とみなされます。だれもが神の前では罪ありとされ、だれもが神の御怒りを受けなければならないのです。それなのに、父なる神と一つであるお方が、ラザロを生き返らせたお方が、あえて十字架で死を選ばれたのは、あなたを救うためです。
     イエスは十字架の上で、『完了した』『すべてが終った(口語)』そう言われます。この言葉は絶望などでは決してありません。私たちがイエスと出会って、新しいいのちに生きるために言われた希望の宣言です。父なる神から託されたことを成し遂げ、世界の初めに預言された人間の救いがついに完成したのです。
     本当の意味で終わってしまうはずの“イエスなんて知らない”という虚しい人生、そのこと自体を終わらせるために、神の御怒りをすべて背負われ、イエスはあなたの身代わりに十字架で死なれ『完了した』のです。(イザヤ53:1~6)イエスの十字架の死と復活は、極悪人のバラバを、イエスをなぶり殺したユダヤ人たちを、イエスを裏切ったペテロや弟子たちを、人生終わったと彷徨う人々をも、救い生かします。
     ペテロ①3:18『正しい方が正しくない者たちの身代わりになられたのです。それは、肉においては死に渡され、霊においては生かされて、あなたがたを神に導くためでした。』
     イエスは私の罪ために、十字架で死んでくださったと信じるならば本当に幸いです。そのとき、私たちの心と人格の奥底にまでしみついた罪を、神は聖めてくださいます。イエスの生き方を愛し、イエスがなされたことを意識して生き始める、新しいいのちが私たちの中で息づき始めます。

4/3 「世界の破れを繕う者」 ルカの福音書13章31〜35節 小林泰輔師

  •  新年度標語聖句「あなたのうちのある者は、昔の廃墟を建て直し、あなたは代々にわたる礎を築き直し、『破れを繕う者、通りを住めるように回復する者』と呼ばれる。」イザヤ書 58章12節より、「世界の破れを繕う者」という年間標語を導かれました。
     イザヤの時代、イスラエルにはまず礼拝の破れがありました。儀式的に形骸化したものになっていたのです。そのような礼拝や断食を主は喜ばれません。礼拝の回復が必要なのです。新型コロナ禍にあって、礼拝に破れたところがないかどうか、オンライン礼拝も長所と短所がありますが、大切なのは礼拝の心です。神さまが本当に喜ばれる礼拝というのは、儀式や形式にあるのではなく、礼拝に人々が共に集まり、そこで癒やしと解放が起こり、神の御名があがめられることです。安息日にこそ、解放が起きることを神は望まれるのです。教会再建にあたって「昔の廃墟を建て直」すと言っても、昔の時代のことをそのまま現代に適用しても通用しなかったり、かえって人々をつまずかせることすらあります。時代に合わせて変えていくべきは大胆に変えていくのです。しかし、「代々にわたる礎を築き直」すということは、変えてはいけないもののことです。神のみことばを水で薄めたり、混ぜ物をしたりしてはいけません。福音の真理は決して曲げてはいけないのです。
     イエスさまはパリサイ人たちからエルサレムより遠ざかるように警告を受けました。ヘロデ王の名を用いて脅して活動をやめさせようとしたのかもしれません。けれどもイエスさまは、「見なさい。わたしは今日と明日、悪霊どもを追い出し、癒やしを行い、三日目に働きを完了する」と言われました。今日も明日も、その次の日も進んで行かれる、ご自分の使命としてエルサレムに行かれることを宣言されました。
    私たちもどんな状況の下にあっても、自分たちに与えられた使命に進んでいくのです。たましいの飢え乾いた人たちに、命のパンであるイエスさまを与えることです。預言者がエルサレム以外のところで死ぬことはありえないと言われたように、私たちも私たちの持ち場を放り出して逃げ出すということはありえないことなのです。神さまは傷ついた人々を、御翼の下に匿われ、世界の破れを繕うその働きを私たち教会にゆだねられたのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加